言葉の理解速度

子供の言葉の理解速度は,両親や身内など子供に話しかける言葉の量が左右すると感じます.実際両親がよく話しかけている子供は言葉を話すようになるのがはやく,両親があまり言葉を話しかけない子供は言葉を話すのが遅い傾向にあると感じます。

 

ここでいう言葉とは,きちんとした会話形式のものを指すので,赤ちゃん言葉や擬音語などは言葉とは認識しないとします.早い段階で言葉を話すようになる子供は,脳の発達が早いのか計算や相手の気t持ちを読み取るのも上手になっていると感じます。

 

なので子供に勉強ができるようになってほしいや,相手の気持ちを考えられる子供になってほしいと思うのであれば,赤ちゃんの時から積極的に話かけるのがいいと思います。

 

同じように音楽の才能や芸術の才能を伸ばしてほしいと思うのであれば,赤ちゃんの時から触れさせるといいと思います.子供の時からその経験が楽しいや上手になりたいと感じるような経験をさせてあげると,自分から意欲的にその物事を頑張るようになると思います。

 

話は少し逸れるましたが,赤ちゃんの頃から話しかけていると言葉の理解度が高くなりやすく,同じような感じで様々な経験をさせてあげるとその物事に興味を持ちその後の成長に大きな影響を与えると思います。

page top